はとバスツアー(千葉の社会科見学)

近頃、やたらとメールマガジンが入る。 ポイント〇倍やら〇〇ポイントプレゼントやらクーポンやら。。。 有難いのか(お得だと謳っている)、迷惑なのか(ほとんどは利用できない)、よく判らないのだが、今回はメールで届いた案内で、はとバスツアーに申し…

東京ジャーミイ

東京ジャーミイに行って来た。 モスクの空間が好きなので、都内にモスクがあると知ってから、一度は訪れてみたいと思っていたのだが、なかなか果たせずにいた。 代々木に用事ができたので、そのついでに行くことにする。 経路は、東急東横線で菊名駅から渋谷…

横須賀軍港クルーズ

クラブツーリズムの日帰りツアーの中に、 「日本遺産認定記念 横須賀軍港クルーズと猿島 特別に記念艦三笠の中で海軍カレーの昼食」 ¥9980 という記載を見つけた。 軍港クルーズ、海軍カレー、で、テンションが上がり、申し込むことにした。 〈気軽にそとあ…

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫は、岩崎彌之助・小彌太父子の創設され、建物は桜井小太郎の設計により大正13年に建てられた。 現在は父子二代にわたって蒐集された古典籍と東洋古美術品のコレクションが収められている。 庭園内の丸屋根の霊廟は、明治43年にコンドルの設計…

東京湾フェリー

そんな訳で、5日間有効の休日パスの2日を使用し、2日を休養し、残る1日。 折角なので、やはり、出掛けよう。 ということで、フェリーで東京湾を渡り、内房総線に乗って、東京湾一周を試みることにする。 当初予定は、 横浜駅~久里浜駅~久里浜港~金谷…

2018.09 1泊になってしまった北海道旅行の詳細

9月5日、朝5時に起きて、ニュースを確認する。台風情報は出ていたが、JRの運行情報はまだ発表されていない。その後、北海道新幹線は平常通り運行、というのを確認して、7時過ぎに家を出る。 計画していた旅程は以下の通り 9/5 09:36 東京駅発 はやぶ…

2018.09北海道旅行(苫小牧・釧路)を計画し、北海道胆振東部地震に遭う

今年は北海道命名50周年、ということで、大人の休日倶楽部パスでも、9月に特別限定のパスが発売された。 という訳で、北海道旅行に行くことにした。 北海道新幹線で新函館北斗駅へ。スーパー北斗に乗り換えて、苫小牧駅に。 その日は苫小牧で宿泊。 翌朝…

横浜防災フェア2018

横浜防災フェア、というイベントがあるのを、今回初めて知った。 2018年は、8月25日(土)、26日(日)に、赤レンガ倉庫のイベント広場で開催された。 ヘリコプター水難救助訓練デモンストレーション 消防艇・消防車による放水訓練 はしご車デモン…

小笠原クルーズ 感想

洋上の楽園で、南国の楽園に航く、小笠原クルーズは、期待した以上に素晴らしい体験だった。 理由は以下の通り。 ① 6日間、という短すぎず、長過ぎない期間であること。 ② 終日航海日があること。 ③ 目的地は1箇所で、一晩停泊すること。 ④ さらに、そこに…

小笠原クルーズ 6日目(最終日)

最終日の予定は、日の出04:27頃、ビンゴ大会、11:00東京入港。 日の出の時刻が早くなったので、4時に起床する。 既に部屋の入口に、請求書が届いていた。 今朝はお茶を煎れて飲む。 4時半頃、水平線の少し上に雲があるが、海からの日の出である。 最終日…

小笠原クルーズ 5日目(終日航海)

終日航海、とはいえ、イベントが目白押しになっている。 孀婦岩沖通過07:00頃、鳥島沖通過09:45頃。 その他、プールにプールサイドバー、ブリッジ見学、カクテル教室、各種の教室とか、ゲームとか、いろいろある。 昼食は12:40~13:30、夜のイベントは18…

小笠原クルーズ 4日目(父島二見港出港)

本日の日の出は04:36頃の予定なので、4時15分頃に起床する。 二見湾内に停泊しているので、山の陰になっていて、見えないだろうと思っていたが、案の定、見えない。 04:51の東の空 今日は、午前中にオプショナルツアーに参加する予定である。 なので、…

小笠原クルーズ 3日目(父島二見港入港)

今日は、父島の二見港に入港する。 いろいろ盛りだくさんで、忙しい。 まず、二見湾のブイに係留する作業を見なくてはならない。 海亀放流見学、南島観光のオプショナルツアーに参加する。 夜も、船上ボニンアイランドイベントや、盆踊り、海亀夜話などがあ…

小笠原クルーズ 2日目(終日航海)

今日は終日航海日。 なのだが、結構、イベントが盛りだくさんである。 プールがオープンするし、ブリッジ見学もある。 小笠原のオリエンテーションも、ウミガメトークもある。 のんびりできるかと思ったのだが、結構、忙しい。 4時に起床する。 ポットで湯…

小笠原クルーズ 1日目

いよいよ出発である。 日程表には、午後4時30分から50分までに乗船の受付、とある。 晴海埠頭まで行くので、二時間以上前に家を出る。東神奈川駅を経由して、京浜東北線に乗り、有楽町駅から都営バスに乗る。 早く出たので、3時半には晴海客船ターミナ…

小笠原クルーズ (事前準備)

小笠原には船でしか行けない。(2018年現在) にもかかわらず、都下である。 なのに、亜熱帯である。 という訳で?、小笠原に行くことにした。 おがさわら丸というフェリーが毎週就航しているのだが、 荷物の出し入れが面倒、 どうせ、一人旅。(誘ってみる…

母の日

ツイッターも、フェイスブックも、したことがない。 無論、インスタグラムなど、する気もない。 インスタ映えなど、無縁である。 写真を撮る時には、人物は避ける。 自撮りなど、問題外!! なのだが。 母の日に、弟からインスタ映えがする花?が送られてき…

JAMSTEC 施設一般公開(2018)

今年(2018)のJAMSTEC施設公開日は、5月12日。 公開船舶は「よこすか」である。 昨年は雨天で、人が少なかったが、今年は晴天。 なので、少し早めに家を出る。 9時5分過ぎくらいに、追浜駅に到着する。 公開日には、追浜駅からJAMSTECまで、京急バスが…

宗谷

2018.5.3~6.10まで、船の科学館本館1階ロビーで、企画展「検証“宗谷”の奇跡」~不可能を可能にした船の真実~を開催しているというので、観に行ってみた。 船の科学館は、閉館中で、屋外展示、別館、宗谷が公開されている。 初代南極観測船宗谷は1938.6.10…

大桟橋

特に目的もなく、大桟橋に行ったのだが。 大型客船三隻が碇泊していた。 三隻揃い踏みは珍しい。 大桟橋にダイヤモンドプリンセス。 山下ふ頭にノルウェージャン・ジュエル。 ベイブリッジの向うの大黒ふ頭に、MSCスプレンディダがかすかに見える。 本日の目…

旧吉田茂邸

4月24日、熱海の帰りに、旧吉田茂邸に立ち寄る。 2009.3.22、総桧造りの本邸が、漏電により?焼失、その後再建され、2017.4.1から公開されている。 庭は無料だが、建物を見学するには、入場料¥500。 新築なので、どれも新しく、何となく落ち着かない。 …

群れるチーター

BS3のワイルドライフ「群れるチーター、五頭で狩る!戦う!」を観た。 3/26の初回放送を見て、さらに、4/2の再放送を見る。 チーターは普通、単独で行動すると言われていた。 同時に生まれた兄弟は生涯、行動を共にすることが多いようだが、それだって、…

湘南丸

大桟橋に、五代目湘南丸が初寄港するというので、観に行く。 3月21日には、鮪の解体ショウなどをやっていたようだが、生憎の荒天、雪が降っていた。 不要不急の外出は避け、翌22日、晴天の下に、出かけてみる。 大桟橋に停泊する湘南丸 鮪延縄漁の為の…

成田山新勝寺 特急北総江戸紀行と襖絵拝観ツアー

とても珍しいことなのだが、日帰りツアーに参加してみた。 実は、団体行動は苦手だ。 体力的について行けないのと、性格的に無理がある。 とはいえ、ツアーには、個人では見学できないところにも行ける、という利点がある。 という訳で、成田山の写経と襖絵…

大倉山梅林(2018)

今年も梅の季節がやって来た。 とはいえ、連日の寒気で、まだ満開は期待できない。 それでも、今日は暖かいという天気予報なので、梅林に行ってみることにする。 新横浜駅から市営バス6系統に乗車、大倉山駅前で下車する。 まずは、TOTSZENに寄って、パンを…

伊豆下田・熱川

一日休んで、大人の休日パス旅の続き。 二年前にも行ったのだが、下田に行くことにする。 目的は、伊豆七島を眺める、である。 ついでに、熱川のバナナワニ園に行く。 こちらの目的は、南国気分に浸りたい、である。 09:02 横浜駅発 スーパービュー踊り子1…

スパリゾートハワイアンズ

今年度最後の大人の休日倶楽部パスの期間がやってきた。 寒気の所為で、南洋に行きたいという気持ちが募ってきている。 せめて、南国気分を味わおうと、スパリゾートハワイアンズに行くことにする。 かつては、常磐ハワイアンセンターという名称だったが、い…

金沢動物園

金沢動物園は35周年らしい。 30年程前、まだ若かりし頃に、友人達とコアラを見に行った。その時は、ウォンバットもいたと記憶しているが。。。 何故行ったのかは記憶にない。遠足だったのかも知れない。 多分、徒歩で行ったと思うが、寄る年波には勝てな…

ズーラシア

ズーラシア(1999年4月24日開園)は、勿論、私の幼少期にはなかった。 ので、行ったことがなく、一度行ってみたいと思っていた。 遂に、今回、積年の?望みを果たすこととなった。 経路としては、横浜線の中山駅からバスを利用するのが最短のようだ。 しか…

「丸かじり」シリーズ

言わずと知れた、東海林さだおの「丸かじり」シリーズ。 これが面白い。 昔、雑誌掲載時に読んだことがあると思うのだが、その時は、面白いとは思わなかった。 ところが、数年前(2013年)に、kindleで、初期の三冊を入手してみたのだが、 「タコの丸かじり…