読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤毛のアン

久々に読み返してみて気付いたこと。 マシューとマリラは農業を営んでいたと、今更のように気付いた。 マシューが畑仕事をするのは判っていたのだが、 マリラが乳絞りをするのは自家用だとばかり思っていた。 酪農までしていたとは。 昔の女性は重労働だった…

映画など

映画はたまにしか見ないし、TVで放映されたとくくらいだが ちょっと気になったことなど。 「狼たちの午後」 一度実家で大半を見たのだけど、出だしを見なかったので、再見。 原題は「dog day afternonn」 犬かい? と思ったけど、マスターキートンに、犬の…

ニュートリックス

昨年末までは毎週放映されていたのに、今年はまだなので、 ずっと待ち焦がれているのだが。。。。 見始めたきっかけは主題歌だった。 It's all right. It's ok. Doesn't matter ....♪大丈夫。うまく行っている。 気にすることなんかないさ。 白髪頭ろうと、…

南紀パス。

南紀パス¥6000。 オーシャンアローに乗れる! のはいいけれど、どこに行ったらいいか? 熊野古道は興味があっても、体力がついていかない。 やっぱ、温泉。 ということで、ネットで検索していたら、忘帰洞が出てきた。 うん十年前に聞いたことがある。 洞窟…

城崎温泉

「こうのとり」で、城崎に行こう。 と、ふと思い立った。 城崎温泉観光協会HPの「お宿とれとれ」で、三連休中の宿を検索。 24日泊の「大西屋水翔苑」のシングル洋室ビジネスプランが取れた。 次は、「こうのとり」の予約。 往きは、新大阪駅08:06発。 …

有馬温泉・六甲

温泉に入りたい気分になったので、有馬温泉に行くことにする。 有馬・六甲周遊パス(阪急版)2500円。 今回は予算が1万円。 六甲から回るか、有馬温泉から回るか迷ったが、夜景は六甲からがいいだろうと考える。 山へ行くので、コートを着るべきか迷っ…

神戸横断

まずは、梅田で神戸街めぐり1dayクーポンを購入。 阪急全線、神戸高速線が乗り降り自由で、¥1700円。 とりあえず、明石へ向かってみる。 9:40発。梅田から特急で新開地へ。 山陽電鉄に乗り換えて、明石へ。 JRとで値段が違うとガイドブックに書いて…

名前

ユリウス・カエサルのユリウスは苗字と昔聞いたような気がするが、 ユリウスは氏族名、カエサルは家名なのだそうだ。 ガイウス・ユリウス・カエサルが正しく、名はガイウスということになる。 三つ名前があるのは、貴族を意味するらしい。 では、マルクス・…

ローマ軍

ローマ人は土木工事が趣味だったのかと思うほど、ヨーロッパ周辺にはローマの遺跡がある。 道路、水道、円形競技場、風呂。 この工事を行ったのは誰なのかというと、当たり前なのだが、ローマ軍団の歩兵達だった。 戦闘時以外の演習代わりのようだが、別に、…

カエサル暗殺

ローマ史は、出だしの建国期が退屈で、読んだことがないのだが、 カエサルが暗殺されたことは、世界史の常識なので、もちろん知っている。 共和制が崩壊し、帝政へと移行する中の元老院側の抵抗、ということで 特に強調された覚えもない。 あまりに有名な事…

無敵の三兄弟

いつのまにか、ナショジオの視聴が可能になっていた。 無駄と思いつつ、番組の連絡メールの設定をしていてよかった。 チーターの三兄弟の話というので、一度見たいと思っていた。 朝六時に起きて、TVをつける。 Cheetah blood brothers が原題。 三頭の雄…

big cat diary

待望のシリーズ1〜3の再放映。 1年間待って、遂に!。 という訳で、仕事はそっちのけで、放映を見る為に、家に帰る。 シリーズ1 ライオンは、湿地の群れが、雄がいなくなって、消滅したらしい。 隣りの大きな群れは、盛況で、雄は4頭もいる。 豹は、ハ…

アフリカ動物王国のスーパー7

7月に、ディスカバリーチャンネルで見た。 象、犀、バッファロー、ライオン、豹、チーター、ハイエナの7種類の 24時間の生態を撮影する。 まず、チーターの母子が、水を飲みに行く。 これから、狩の練習をするため。 狩はうまくいかないが、とりあえず、その…

ビッグキャットを探し続けて

big cat diaryのスピンオフ番組だと、ずっと思っていた。 が、実は、big catを撮り続ける夫婦のカメラマンの話だった。 チーター、サーバルキャット、カラカル、ライオンと、様々なネコ科動物を撮っていく。 見たことがある場面が結構あったので、多分、別の…

動物図鑑 チーター

BBCの動物図鑑、part1のチーターは、ハニー親子の話。 3頭の子どものうち、雌の仔は、チークと呼ばれている。 木に足を挟んじゃった仔。 教育ママのハニーが、早期から、狩の英才教育を施すが、 獲物に怯えてばかり。 すっとんで逃げる。 ジャンプして…

big cat diary season 6

アニマルベイビーズのビービーの2頭の仔の話を見ていたが、なんだか、 いろいろな話が混じっている? ので、その後、やっていたseason6の備忘録。 ライオンは、山の群れのチェザとサラの話が中心。 サラは一人っ子で最年少なのだが、3ヶ月年上のチェザに…

ライオンについて

ビッグキャットの10年ライオンは、湿地の群れの歴史だった。 スカーと相棒 ビービーはスカーの子ども ↓ シンバと相棒 ↓ ノッチと相棒 どうやら、ビービーが駝鳥の卵を喰っていたのは、 シーズン6だったようだ。 だから、シンバの仔のはず。 群れに戻れた…

虎について

今年は寅年だから、もっと虎の話があってもいいような気がするが、 干支を使うのは、多分、日本だけなので、仕方がない。 アニマル・プラネットで見たのは、下記の番組 動物図鑑 トラ 双子のトラを探して (サバがプレゼンター) バンダウガル国立公園のトラ…

big cat diary memo

系譜と名前のメモ。 なかなか煩雑で、もっと細かく調べないと、正確ではないかも。 湿地の群れのライオン 雄ライオン シンバ → ノッチ → ロメオ&クロード シンバの前は不明。 雌ライオン ホワイトアイ レッド ブロンズシスターズ 一頭はビービー 山の群れの…

big cat diary 8-5

シリーズ最終日。 雌ライオンのタムは、湿地の群れの雌ライオンレッドの追跡を逃れて、 二頭の子どもを連れて、草むらに移動。 結局、はぐれていた子どもも見つけ出し、 親子4頭で、なんとか暮らし始める。 チーターのハニーは、1頭の子どもと一緒にいるが…

big cat diary 8-4

タムは、二日後、行方が知れなかった2頭の子どもと合流。 3頭揃って、サイモンも大喜び。 が、群れに受け入れて欲しいからか、湿地の群れの縄張りに移動。 無事、ヌーを仕留めるが。。。。 湿地の群れのリーダー格の雌ライオン、レッドに見つかり、 追いか…

big cat diary 8-3

タムは、一頭の子どもを喪い、二頭の子どもとはぐれたまま。 カメラマン兼コメンテイターのサイモンは、心配で泣きそうになっている。 チーターのハニーの子どもたちは、どうやら、三頭とも雄らしい。 元気一杯、ママの顔に飛びついたり、尻尾をかじったりし…

big cat diary 8-2

シーズン8では、湿地の群れには、まだノッチが君臨中。 代替わりは、2008スペシャルの方だった。 シーズン8は、どうやら、2006年らしい。 さて、ノッチの愛人(?)タムは、ノッチの縄張り内で、4頭の子どもを出産。 子育て中。 湿地の群れの支援はないが…

big cat diary 8-1

待望の新シリーズ、第1話。 チーターのハニーは、4頭の子どもを連れて登場。 ちょっと一安心。 しかし、4頭の子どもの為か、大物狙いをしているので、 コメンテイターのジョナサンは気が気じゃない。 豹のベラは、遂に息子のチューイと別れて、彼氏を募集…

危ないふたり

マイクとマイクが、野生動物を撮影しに行く番組で、 定かではないが、多分BBCの製作と思われる。 野生の王国のBGMだし、 big cat diary でお馴染みのキーケイが出て来る。 多分、キーケイだけど、個体の区別はつかないので、 これも定かではない。 キ…

big cat diary 2

「セレンゲティの一日」という番組に、3頭の雄のチーターが出て来る。 本来、チーターは単独で生息するのだが、雄は若い頃は兄弟で暮らすらしい。 雄のチータ3頭は、まさに、猛獣で、ママチーターと違って、気の毒なところは少しもない。 やはり、ハイエナ…

big cat diary

ついに、再来週から新シリーズ開始! 昨年11月頃から、BIG CAT DIARY優先の日々を送って来た。 最初は漫然と見ていたのだが、いつのまにかのめり込み、 放送時間をチェックして、繰り返し見続けている。 朝6時からの放送、となれば、 午前7時前は深夜、と…

モームの雨を読んだ。 今更という気もするが、実際、初めて読む。 やっぱり十代で読むべきだった気がする。 面白くない。 モームの短編は落ちがあると聞いたので、 読んでみたのだが、 感想は、「これが、落ちかい??」 長雨に降り込められて、皆、自堕落に…

女王国の城

待望!の、学生アリス第4作目。 江神二郎最後の事件になるんじゃないかと心配になって、 途中で(というか、数ページ目で)、 後書を読みました(;^_^A 本は重かったです。(重量が) 字が細かいし。 学生アリスは、若いままだけど、自分は年を取ったと言う…

若竹七海

最近の食事時の友に、若竹七海を読んでいる。 いつでもやめられて、手軽に読める、というところがいいので、気に入っている。 という訳で、断続的に、ちびちびと読んでいくので、読み終わるのに時間がかかる。 凍える海を三分の一ほど読んだところで、乱丁に…

真相

横山秀夫は面白いと思っていたんだが、これは最低〜 主人公の勝手な思い込みが全く、理解できない。 残りの短編を読む気になれない。 出口のない海も、全然、読めなかったし。

乱鴉の島

久々の火村シリーズの長編、孤島物、ということだけど、設定は、「46番目の密室」に似てる。 十分楽しめたので、文句なし。 正統派のミステリファンではないので、短編よりは長編のほうが面白い。 事件発生まで、ちと長かったかもしれないけど、ミステリと…

金沢

久しぶりに、金沢に行ってきた。 最後に行ったのは7年前か、10年前くらい? どうも、富山と記憶が混同している(^^; まあ、今回は、ピンチヒッターで行ったので、旅程も何もかも人任せで、全てが決まっていた。 なので、文句を言ってはいけないのだが。。…

グルメコミック

コンビニ本というのを買いあさってみた。 まあ、無難に食べ物関係になっちゃう訳で、ちょっとコメント(笑) ザ・シェフ なんで、英語の定冠詞?という気がするが。 さすらいの料理人って、料理界のブラックジャックがコンセプト?? 私には関係ない、と言い…

博多

遊びに行ったんだが。。。。。 そういえば、何も見ていない。 夜、屋台で博多ラーメンを食べたけど。 あれは、あちこち、食べ歩くもんじゃないのか???

プレイボール

谷口は、隅谷高校に行った。 同じ下町にありそうなんで、それはいい。 青葉学園は、どこに行ったんだぁ〜?? まさか、中学だけ??? それとも、中学は都内、高校は別の県にあるのか? 折角、佐野くんが復活したのになぁ〜

キャプテン

という訳で、ちばあきおの「キャプテン」を読んでいた。 ここで、疑問。 なぜ、谷口は、青葉学園から墨谷二中に、転校したのか?? 青葉は、野球部の施設から言って、私学と思われる。 どう見ても、庶民代表の谷口のとうちゃんとかあちゃんは、なぜ、息子を…

cat

風邪だの血圧だのなんだので、少々、運動不足なので、散歩をしてみることにした。 長距離を歩く体力はないので、駅から山の上の公園経由で帰宅する。 今年は、暖かいらしく、すでに、梅が咲き始めている。 (いつ頃から咲くのか知らないが) と、思いつつ歩…

博多行き〜

3月の始めに、福岡に行くことになったよ〜ん 博多だ〜、博多だ♪ 九州は、子どもの頃に親と旅行したが、記憶にない。 確か、フェリーで行った。 長崎のほうが中心だったかな〜 高校の修学旅行が北九州だった。 ひかりで行って、後はバス。 よく覚えていない。…

本の話

久しぶりに、「浮遊研究室」を覗いたら、初めて買った本、というテーマがあった。 初めて買った本・・・・ 記憶にないぞ〜 なんか、気になってしょうがない。 初めて自分で欲しいと思って手に入れたのは、「銀の竪琴」の一部だと思う。 でも、買ったのか、買…

清水行って来ました

横浜発のワイドビューに乗って、清水へ。 チーム戦なので、朝から4人で。 ちょっと鬱陶しかったんだけど(人見知りなので)、電車に乗るのは楽しい。 参加は11チームだけで、小ぢんまりしたリジョナルでした。 それぞれ、いろいろあるけれど、なんとか一…

黒後家蜘蛛の会

有名なんだが、読んだのは割と最近。 名前がおどろおどろしかったので、触って見る気になれなかった(^^;; トリック重視の短編集も好きじゃないし。 つまりは、ミステリは好きじゃないんだなぁ〜 でも、これは、評判に違わず、面白かった。 トリックの出来不…

パディントン発4時50分

クリスティは、あんまり読まないんだけど、 多分、有名なものは、TVで見て知っている。 映像は、豪華でいいと思うんだけど。。。。 どうも、連続殺人事件は嫌いなんだなぁ〜 探偵が登場してから、さらに殺人が続き、 容疑者が二者択一とか、三択とかになっ…

ピーター卿シリーズ

ピーター卿シリーズなら、やっぱり、バンター氏を忘れちゃいけない。 執事兼従僕というので、バトラー兼フットマン、ですかね〜? ウィムジィの身の回りは、全部、彼が面倒を見ている。 その上、料理までする。 しかも、かなりの腕前らしい。 でもって、探偵…

ピーター卿シリーズ

ピーター卿シリーズの続き。 さて、本人の場合。 ウィムジィは、なんと、偶然、傍聴した殺人事件の被告人に一目惚れ! ほっといたら、理想の恋人が、殺人犯として縛り首、という状況から始まる。 確固たる物証があるわけでもなく、状況証拠だけなんだが、 別…

セイヤーズ

どっちかっていうと、ミステリーファンでは、ないです。 読むのは、ごくごく限られている。 大体、身の毛もよだつような気分になるのは、大嫌い。 読むのは楽しめるものだけ。 その中でも、お気に入りの部類に入るのが、ピーター卿シリーズ。 これは、笑って…

ローマ

趣味は土木工事のローマ人の総本山。 やっと来ましたね〜、って気分ですが、やっぱり時間が足りない。 今回の目的は、ヴァティカンのシスティナ礼拝堂! ミケランジェロの大作をゆっくり眺めようと思ってたけれど、 現実はきびし〜! 夏の海水浴場のような混…

フィレンツィエ

塩野七生ファンとしては、もちろん、目的は、橋! ガラタ橋から、ポンテヴェッキオまで、歩く! ま、途中で後悔しましたけど、一応、目的は達しました。 ただ、もう、ピッツィ宮は見る気にもならず、手前でお茶しただけ。 メディチ家の菩提寺ってのも、実は…

ヴェネツィア

ヴェニスで死んでもいいって気分ですね。 海だし。 交通機関が舟だし。 あたりまえだけど、パトカーが、船でした。 タクシーもそうだし。 ゴンドラも乗りました。 なぜか、二人一組。そりゃ、そうかも。 気分出すには、カップルだよね〜 でも、一人旅なんで …

ヴェネツィア

ヴェネツィアは、ディズニーランドのようだけど、やっぱり、綺麗だった。 観光客しかいないから、意外と安心だし。 リアルト橋の袂とか、サンマルコ寺院の前で、お茶していると、しあわせ〜 って気分になる。 基本的に、観光ってのは、私の場合、お茶する、…