読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セイヤーズ

どっちかっていうと、ミステリーファンでは、ないです。
読むのは、ごくごく限られている。
大体、身の毛もよだつような気分になるのは、大嫌い。
読むのは楽しめるものだけ。
その中でも、お気に入りの部類に入るのが、ピーター卿シリーズ。
これは、笑って読めるところがいい。
大体、主人公のウィムジィが、人をおちょくった性格をしている。
まず、真面目に話をしない。
その上、しょうもないことをいつまでも喋っている。
こういうタイプは結構、嫌いじゃないけど、
今回は、パーカー君に焦点を当ててみよう(笑)


パーカー君、「雲なす証言」で、ウィムジィの妹のレイディメアリに一目ぼれ。
レイディメアリは、美人で、金持ちで、うっかりもので、
いかにも男にカモにされそうなタイプ。
実際、ろくでなしと婚約したはいいけれど、
もっとろくでなしの最初の恋人と駆落ちしようとして、
とんでもなく厄介な立場に陥る。
でもって、パーカー警部は、気の毒なこの美女に、
立場も忘れて、恋をしてしまうわけだ。
レイディメアリも、自分の恋人達がろくでなしと知って、
真面目なパーカー君のよさに気付いた??か、どうかは不明。
次兄のウィムジィの後押しで、身分差なんてなんのそので、
事件終了後、この二人は付き合い始めたらしい。


しかし、この時代は、みんなまじめ〜
5年後の「毒をくらわば」で、なんと、1、2度食事しただけとのたまわる。
1、2度ってなにさ?
年に1、2度?
月に1、2度は有り得ないだろうけど、
まさか、5年間に1、2度ですか〜?
食事は、1、2度で、他になにかした。。。。
って、することあるの、この時代?
携帯なんてないし、電話で愛を語るのは無理。
手紙でも書いてたんでしょうか?
それとも散歩か〜??


大体、真面目なパーカー君は、口説いてもいないらしい。
何しろ、結婚は、本人に言う前に、保護者に許可を求めるって時代だし(笑)
おとなしくて努力家で、ウィムジィの戯言を普段は聞き流していられるような、
穏やかな性格のパーカー君が、常識を逸脱したことなんて、するわけがない。
それなのに、相思相愛になっているって、どうして?
と、思うけど、セイヤーズ女史はそんなことに解答を与えてくれてないよ〜(当然か)


という訳で、今回は、パーカー君が御贔屓。
こういうことがあると、推理小説の本来の楽しみとは別の楽しみ方で、けっこう楽しめる。
でも、パーカー君、守秘義務は守ったほうがいいんでない?
この時代は、まだ、明確じゃなかったかも知れないけどさ。