読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎について

今年は寅年だから、もっと虎の話があってもいいような気がするが、
干支を使うのは、多分、日本だけなので、仕方がない。


アニマル・プラネットで見たのは、下記の番組
 動物図鑑 トラ
 双子のトラを探して (サバがプレゼンター)
 バンダウガル国立公園のトラ (サイモンが虎を撮影しに行く)


虎っていうのは、アジアにしかいないんだなぁと、
今更ながら実感。
虎はでかい。
ライオンと双肩するくらい、
あるいはそれ以上にでかい。
橙色の地に、黒い縞模様が美しい。
尻尾も長いし。


ネコ科の動物は、雄は子育てをしないらしい。
虎も同じく、雌が単独で、育てる。
雄はどうしているかというと、
雌数頭の縄張りを含んで、縄張りを持つらしい。
平安朝の貴族のように、妻の家に通う、通い婚のようだ。
さすが、密林の王者、優雅だ。


動物図鑑では、パパが死んだ後、娘がママを追い出していた。
なかなかシビアな親子関係のようだ。
パパが死んだから、代替わりの時期という意味なのかも知れない。


虎の狩の成功率は、とても低いらしい。
(数値は忘れた。ライオンが30%で、それ以下だった気がする)
そんなので、あの巨体を維持できるのか、という気がするが、
密林に住んでいて、獲物には困らないようだ。


サイモンは、狩の瞬間を撮りたいという友人(?)の依頼で、
インドへ撮影に行く。
その映像作家の友人は、象に乗って、撮影している。
そりゃ、無理だろう、と誰でも思うが、
密林を移動するには、象が一番なのかも知れない。
他の動物に襲われないから、安全だし、
象なら、車よりもあちこち歩ける。
しかし、虎だって、逃げるだろう、それじゃあ。


サイモンは、廃墟の屋上を拠点にして、待ち構える方法に変えさせたが、
彼のいる間には撮影ができなかった。
その後、帰国した彼に、撮影が成功したという電話が入ったところで、
この番組は終了。


サバの双子の虎の話も面白かったのだが、
見たのは大分前のことなので、詳細は忘れた。
双子の虎は、親を喪った兄と妹で、
まだ、狩の訓練をしていないため、
公園の管理人から時々餌を貰っていた。
それでも、妹は、次第に自分で狩をするようになったのだが、
兄は怠けているらしい。


子どもの頃に読んだ児童文学全集の中に「偉大なる王」という物語があった。
結局、自分にとっては、その物語の虎が、虎のイメージになっている気がする。


あらすじはあまり覚えていないが、
中国の内陸あたりで生まれた虎の仔が、
長じて、周囲の森林を支配し、
結局は、人喰い虎になって、猟師に撃ち殺された。
という話だったと思う。
ジャングルブックと混じっているかも)
「王」というのは、虎の額の模様が、王だか、
大王だかに見えるから、だったはず。
話は暗くて、それほど好きではなかったが、
印象には残っている。


虎は、日本では、割と身近な動物のような気がする。
干支の寅、
加藤清正の虎退治とか、
張子の虎、
虎の子、
タイガース(ちょっと違う?)
などなど。


日本国内には生息していないが、
すぐお隣の中国大陸には生息している。
ライオンよりは、実物に接し易いと思われる。
虎縞の猫がいるから、実物を想像しやすいし。
でも、猫よりも、ずっと前足が太くて、胴回りも太い。
巨体!という印象を受けるが、
身のこなしはやはり、ネコ族。
しなやかで美しい。