能登・富山旅行

大人の休日倶楽部の北陸フリーきっぷを利用したいと、
ずっと考えていた。
金沢も富山もいい。
何より、食い物も酒も旨い。
行きたいところはいろいろあるが、
結局、初春に能登に行くことにする。
昨年の秋から考え始め、
土壇場になって、能登半島、金沢、氷見、立山と決める。

まずは北陸新幹線で金沢へ。
その先は…。
のと鉄道北陸鉄道バス、
なのだが…。

バスの路線図と時刻表を眺めてみるが、
うまく回り切れない。
それに、能登半島だけに絞れば、
問題はないのだが、
それでは、富山に出られそうにない。
折角の北陸フリーきっぷなのに、
もったいない。
止むを得ず(?)、
能登半島は半周として、
珠洲和倉温泉、富山に宿泊とする。


北陸フリーきっぷ東京都区内発(¥22000)
を購入し、
北陸新幹線かがやきの指定を取り、
のと里山里海号ゆったりコースを
ネットで予約して、
支払(¥1500)を済ませる。


計画としては、
 一日目、北陸新幹線
     能登かがり火
     のと里山里海号
     北陸鉄道バス
     と乗り継いで、珠洲で一泊。

 二日目、北陸鉄道バスで、木の浦まで行って、折り返す。
     のと鉄道で、和倉温泉に行く。
     天候次第で、レンタサイクルを借りる。

 三日目、七尾から羽咋へ行き、
     レンタサイクルを借りて、千里浜を見に行く。
     その後、IRいしかわ新鉄道と
     あいの風とやま鉄道に乗って、
     富山で一泊。

 四日目、金沢に出て、帰路につく。

と、考えたのだが、実際に乗車したのは。


3/6
08:36 東京駅発 かがやき505号
11:10 金沢駅

11:23 金沢駅発 能登かがり火3号
12:15 七尾駅

12:22 七尾駅発 のと里山里海号3号
13:35 穴水駅

13:56 穴水駅前発
       北陸鉄道バス穴水宇出津C線
14:53 宇出津駅前着

15:30 宇出津駅前発
       北陸鉄道バス宇出津珠洲A線
17:04 珠洲鉢ヶ埼着


3/7
09:11 鉢ヶ埼(りふれっしゅ村)発
       北陸鉄道バス木の浦線
09:52 木の浦着

09:55 木の浦発
       北陸鉄道バス木の浦線
10:35 鉢ヶ埼着

11:30 珠洲鉢ヶ埼発
       北陸鉄道バス宇出津珠洲A線
13:05 宇出津駅前着

13:10 宇出津駅前発
       北陸鉄道バス穴水宇出津C線
14:06 穴水駅前着

14:38 穴水駅
       のと鉄道七尾線ラッピング車両
15:11 和倉温泉駅


3/8
10:14 和倉温泉駅発 サンダーバード20号
10:38 羽咋駅 通過
11:18 金沢駅

13:06 金沢駅発 つるぎ710号
13:29 富山駅

14:23 富山駅発 あいの風とやま鉄道
14:51 黒部駅

15:20 黒部駅発 あいの風とやま鉄道
15:50 富山駅


3/9
09:21 富山駅発 つるぎ711号
09:43 金沢駅

11:32 金沢駅発 はくたか562号
14:28 東京駅着


北陸フリーきっぷは、東京(都区内)発なので、
横浜線東海道線を乗り継いで、
東京駅へ。
GRANSTAでまい泉の玉手箱、
KIOSKで缶コーヒーと
リザーブ水割りを購入して、
かがやきに乗車。


日曜の朝なのに、結構混んでいる。
三人席もほぼ満席。

が、長野駅で大分空いたので、
三人席の窓側から、二人席の窓側に移動。

漸く、ゆったりするが、
トンネルが多いので、
景色はいまいち楽しめない。
Docomoの地図アプリを眺めてみるが、
結局、どこだかよく判らない。


二時間半後、金沢駅に到着。
さすがに早い。
米原経由で四時間かかったのに比べると、
格段に速い。

能登かがり火に乗換。
乗換時間は13分あったのだが、
あまり余裕がなく、
弁当を入手し損ねる。
車体にはサンダーバードと記されているが、
車内販売なし。


七尾駅での乗換は7分。
迷わず、
のと鉄道に辿り着いた。
が、改札の人は既に待っていた。

乗車二十分前集合と書いてあったのだが、
振込時に、メッセージも予約番号も
記載し損ねたのだ。
面倒がらずに、
一報しておけばよかった…、
と反省。

f:id:macchiato:20160611231153j:plain


のと里山里海号ゆったりコース、
思ったよりもずっと楽しい。
 乗車券(復路付)、
 旅パスポートという小冊子、
 記念乗車証(絵葉書)、
 更に、
 おやつ(どら焼き)と
 水(能登のめぐみ)のペットボトル付き。

f:id:macchiato:20160611231154j:plain


これは後でとても重宝した。

ガイド付きで、車内の設えも綺麗。
窓向きの席はほぼ満席で、
予約できなかったのだが、
ボックス席を独り占めする。

とはいえ、既に昼過ぎで、
腹が減っている。

まずは、車内の売店に行って、
つまみとせんべい、
地ビールを入手する。

ゆったりコースなので、
通常40分のところを70分で走行。
絶景スポットでは徐行又は停車する。
能登中島駅で停車し、
郵便列車を見学できる。

ガイドさんが人数確認しているので、
うっかり置いて行かれることもなし。
無論、トイレもついている。
(長距離の移動には、これも重要)


穴水駅では、出迎えのイベントがあったが、
f:id:macchiato:20160615130454j:plain
見学もそこそこに、みどりの窓口
「奥能登まるごとフリーきっぷ」
(¥3000)を入手する。


乗換時間は21分。
まずは、バス停を探す。
またしても、飯を食っている暇がない。
四季彩々という物産館があるのだが、
時間が中途半端な所為か、
手頃なものが見つからず、
どら焼きと菓子の残りがあるので、
無理に購入するのは止める。


バス停で暫し待ち、
北鉄奥能登バスに乗り込み、
運転手さんに乗換を確認する。
準備万端のつもりだが、
発車後、
乗換案内等の資料を入れたクリアフォルダーを、
みどりの窓口に忘れたことに気づく。


お菓子の残りを食しながら、
時折、見える海を眺めながら、
宇出津駅前へ。
f:id:macchiato:20160615082949j:plain

バスに乗るまで気づかなかったが、
うしつと読む。

ここでの乗換時間は38分。
海まで行こうかと思っていたが、
曇天なので、取り止める。

結局、ACOOPで
海老フライとマカロニサラダ、
牛乳パックを買って、
待合室で食べる。


たびスタという能登観光情報ステーションがあり、
土産物を売っているので、
小瓶に入った泉大吟醸を購入する。


無事、乗り継ぎ、珠洲へ。
海は見えるが、
曇天なので、
あまりすかっとした気分になれない。

ほとんど乗降もなく、眠ってしまう。
ほぼ定刻に、珠洲鉢ヶ埼に到着。


バス停は、その日の宿泊先、
珠洲ビーチホテルの敷地内にある。
チェックインして、
再度、バスの時刻を確認し、部屋へ。
夕日を見る予定だったが、
小雨模様で、生憎の眺望…。
が、部屋はツインで広く、
一人ではもったいない。


小雨の中、浜辺まで行き、近所の元気の湯へ。
宿泊プランに、入浴券が付いている。
夕食は付いていないが、
ホテルのレストランで、
刺身定食(¥2160)と、
ホワイトホースのソーダ割と
燗酒小徳利を注文。
思いがけず、刺身、
特に鰤刺が美味。

とても満足したので、
二階の大浴場に行ってから、就寝。


翌朝、朝食付きで、和定食を選択済みなので、
レストランへ行く。
湯豆腐、干物、納豆など。
珈琲などの飲物はセルフサービスで、
部屋にも持ち帰れる。


気分はゆったりするが、
生憎、天気は今日も小雨。

チェックアウトしてから、
ホテル周辺をうろついてみる。
バス停は元気の湯の真ん前なので、
移動する。

周囲には、
キャンプ地や珠洲焼の設備などがあり、
アウトドアを楽しむにはいいだろうが、
この季節では人もいない。


北鉄バスに乗り込み、木の浦へ。
最初は、狼煙で降りて禄剛崎へ行く、
というプランも考えたのだが、
その先のバスがあるのか、ないのか、
不明、
宿があるのか、どうかも
不明なので、
単に、木の浦に行って、
戻って来ることにした。
折り返しなので、バスも迷わずに済む。


読めない地名のバス停を通り過ぎ、
時折車窓から海が見える。
が、結構揺れる。
あっと思った時には、
牛乳パックから牛乳がこぼれて、
大惨事に。
ティッシュでは間に合わないので、
やむなく、運転手さんにお願いして、
雑巾を貸して貰う。
すっかり牛乳臭くなり、
穴があったら入りたい気分…


とはいえ、無事に折り返し、
f:id:macchiato:20160611212453j:plain
鉢ヶ埼で下車。

乗継には55分あるので、
周囲を少し歩き、
ホテルで、少々の手土産を買い、
手洗いで牛乳を洗い落とし、
バスを待つ。


ホテル前の停留所から、乗車すると、
運転手さんに行先を尋ねられた。
普通は、急行バスを利用するのだろうけど、
接続が思わしくなく、
路線バスを乗り継ぐ方を選択した。
昨日来た道を逆に辿って行く。


昨日は眠ってしまって、気付かなかった
見附島や、恋路海岸などを
横目に通り過ぎて行く。
途中の高校で高校生が乗り込んで来て、
満員状態になる。
観光バスでの旅行と違って、
こういうところが面白い。


少々遅れて、宇出津駅に到着。
同じ場所から穴水駅行きが出るし、
もともと5分しか間がないので、
少しばかり待つだけ。

程なくバスが到着、穴水駅へ。
景色は昨日と同じ鈍色だが、
より海岸寄りの車線を走って行く。
リアス式海岸を堪能して、
穴水駅に到着。


待ち時間は32分。
昨日忘れたクリアフォルダーを回収する。
レンタサイクルを借りようと考えていたが、
思ったよりも、観光客が大勢いるので、
列車到着を待つことにする。


四季彩々で、コーヒーゼリーと
缶コーヒーを購入し、
ホームへ。


到着したラッピング車両には、
マジンガーZデビルマンキューティハニーが!!
f:id:macchiato:20160615130455j:plain


なので、和倉温泉駅までそのまま移動。
ほぼ満席で、空いていたのは、
デビルマンが窓硝子に貼ってある席。
つまり、景色がよく見えない…


さて、和倉温泉15時11分到着。
予定では、
レンタサイクルを借りて、
のと鉄道を乗り降りする、
だったので、
案内所で相談をしてみる。

しかし。
何しろ、然程大きくはないが、
荷物がある。
自転車の籠には載らない。

仕方なく、勧めに従って、
宿(十番館)に電話して
迎えに来て貰う。


中途半端な時間だったのに、
宿の御主人は快く迎えに来てくれて、
翌日も送ってくれるという。
楽天トラベルで親切と評判なので
選択したのだが、
その通りの宿だった。


チェックイン後、一時間ばかり散策し、
七福神巡りを試みるが、
四つで断念。
宿に戻り、
温泉(この時間帯は二階)につかり、
六時から夕食。


この夕食も評判通り、豪勢で美味。
鰤の刺身、甘エビ、ゆで蟹、鰤しゃぶ、蒸籠蒸、陶板焼きなどなど…。
天狗舞生酒とともに堪能。
浴衣もいい。
サーモンピンク?の地に菱形の小紋で、
生地も厚地。
着こなしに自信があれば、
着て歩きたいのだが。


翌朝は、男女入れ替えで、地階の温泉。
少々暗いが、洞窟風呂っぽくていい。
朝食は、ふぐの一夜干し、温泉玉子、湯豆腐などなど、
こちらも盛りだくさん。
もう一度温泉に入って、チェックアウト。


駅まで送って貰って、
和倉温泉駅から、サンダーバードに乗車。
f:id:macchiato:20160611231158j:plain

今日も曇天。
千里浜には(特に蛤に)、
心を惹かれるのだが、
そのままサンダーバードで金沢に行き、
富山に移動することにした。


ところが。
ここまで順調だった(?)旅が、
突如、不幸に見舞われる!!

金沢駅百番街をうろつき、
富山へ向かおうと、
つるぎに乗り込んだところで、
財布がないと気づく!!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


小銭入れはあるが、札入れがない。
普段なら、無くなっても惜しくはない
金額しか入っていないのだが、
今回は数枚の万札が入っている(>_<)
茫然自失…。


とりあえず、つるぎから降りる。
荷物を検める。
宿に電話をして、確認をお願いする。
改札口で訴える。

十番館からは折り返し連絡があり、
見つからなかったが、
励まして貰う。


宿になければ、サンダーバードしかない。
だが、列車は大阪行き…、
今頃どこを走っているやら…。


窓口で、駅内の忘れ物を確認して貰い、
遺失物センターの電話番号を教えて貰う。
急いで、電話をする。
財布の形状、中身などを聞かれるが、
大雑把にしか覚えていない(*_*;;
それでも、親切にご対応いただき、
後は連絡を待つのみ。


やれるだけのことはやった、
ので、少し落ち着く。

クレジットカード類は
もともと別にしてあるので、
問題ない。

小銭入れはあるので、
当座は困らない。
最悪でも、現金数万円と、
ポイントカードが無くなるだけ。


・・・そういや、ビックカメラのポイントを
せっせと貯めといたんだよなあ、
・・・ジュピターの珈琲豆のカードも、
次で満了になるはずだったんだよなあ、
と、気持が沈んでくる。


とりあえず、富山に移動する。
がら空きのつるぎは、かなり快適。
f:id:macchiato:20160611231159j:plain
が、遺失物が気になって、
心から楽しめない。
それに、のんびりする間もなく、
二十数分で富山駅に到着してしまった。


午後一時半過ぎ。
漸く、空腹だと思い出す。
きときと市場とやマルシェで、
回転ずしの店に入る。

そういえば、
この旅行で初めてのまともな昼食、
なのであったが、
酒を飲む気にはなれず、
地魚五種盛を頼み、
無料サービスの味噌汁をよそう。


と、その後入って来た女性客、
いきなり鰤を4つ頼む。
釣られた訳ではないが、
こちらも、鰤と蛍烏賊を頼む。
かなり空腹だったし、美味だったので、
苦も無く食した。

しかし。
おばちゃまは、更に鰤を4つ追加していた。
…適わんなあ、と思いつつ、退散。


気を取り直して、
あいの風とやま鉄道に乗ってみる。
・・・混んでいる。

曇天なので、立山連邦も見えず、
滅入っている所為で、
どこかに行く気力も出てこない。


黒部駅で降りる。
・・・何もない。
駅前にロータリーはあるが、
タクシーが停まっているだけで、
喫茶店らしきものもない。


少し歩いてみる。
FamilyMartを発見する。
寄ってみる。
ウェットティッシュとアイスコーヒーを購入する。
が。
・・・アイスのカップに、ホットコーヒーを注いでしまった。
やはり、動揺しているようだ。
富山駅に戻ることにする。


早々に、今夜の宿(ホテルクラウンヒルズ富山)に
チェックインして、荷物を部屋に置く。

身軽になったので、まずは銀行を探す。
立派なビルを半周して、ATMを見つける。
少々の現金を降ろし、再度、とやマルシェへ。


厄払いに、鰤と蛍烏賊を喰って、
日本酒を呑んでやる〜。


日本酒スローフードと謳う方舟という店に入る。
お通しが日本酒である。
好みを伝えると、選んでくれる。
実は、吟醸香のない旨味のある辛口の酒が好み。
冷やは飲めない。
冷酒か燗酒でないと、何故か飲めない。
厄払いと、意気込んで来たとはいえ、
あまり多量に飲む訳にもいかないので、
100ml単位で、まずは満寿泉冴。


つまみは珍味三種盛と鰤のお造り。
烏賊の黒造、
蛍烏賊の沖漬、
白海老の塩辛(だったと思う)

ちびちび食べながら、
ちびちびと酒を呑む。
…何となく、気分も晴れてくる。

鰤は立山純米で。
さて、蛍烏賊
まだ今の時期は肝が太くないそうだ。
が、頼んだ天ぷらは、旨い。
酒は千代鶴純米吟醸
最後は、氷見うどんで締め。


更に!
朗報が!!
なんと、落とし物センターから電話が入っていた!!! 
慌ててかけ直すと、大阪駅で、無事発見されたそうだ。
現金も無事。
着払いで送って貰えるというので、お願いする。


現金はもう出てこないものと諦めていた。
出てきたとしても、
大阪まで取りに行くものだと思っていた。
ほっとしたら、不覚にも泣いてしまった。


世の人々の善意に感謝し、
自分の浅薄な思い上がりを反省しつつ、
自分はいろんな人で出来ているのだ(ピータン風)
との思いをしみじみと噛み締める。


翌朝、気分は晴れたにも関らず、
小雨が降っている。

無料サービスの朝食を食べて、
富山県庁前の公園だけ眺め、
富山駅へ向かう。

レンタサイクルの駐輪場があり、
まだ新しい自転車が並んでいるが、
雨では乗る気分になれない。

トラムともすれ違うが、
以前乗ったので、今回は見合わせる。
11時32分金沢発のはくたかの指定を取り、
とやマルシェに寄る。

ついでに、富山地方電鉄を、改札から眺める。
少々の土産を購入し、
(干し蛍烏賊氷見うどん、雄山錦小瓶、ミニ鱒鮨、鰤鮨等)
つるぎで金沢駅へ移動する。


二十数分後には、金沢駅に到着。
富山で食べ忘れたので、
まず、
白山そばで、白海老かき揚げそば
(¥570)を食べる。

金沢のコーヒーは旨い
という記憶があるので、
喫茶店に入りたかったのだが、
結局、
駅にあるカフェ・アルコで、
コーヒーを飲む。

百番街をうろつき、
俵屋の飴を買い、
おみやげ処で、カップ酒を買い込む。
麩饅頭や、かぶら寿司など、
欲しいものはいろいろあったのだが、
重くて持てなくなったので、諦める。
新幹線のホームへ移動する。


キオスクで、加賀棒茶、
立山本醸造カップを購入し、
はくたかに乗車する。
車内販売で、
鰤っこジャーキー、
蛍烏賊素干を購入、
更に、加賀鳶、
越前かにめしを追加購入する。

やっぱり、駅弁は電車の中で喰うのが旨い。


2時間48分後東京駅に到着。
天気には余り恵まれず、
(北陸の人には普通の天候のようだが)、
多少、というよりも、
多々失敗はあったが、
それなりに楽しく、有意義な旅であった。