秋の日本一周クルーズ1日目

横浜市民クルーズというのがあって、時々公報で募集している。

応募者多数の場合は抽選。なので、当選するとは思わず、応募してみた。

籤運の悪さには自信がある。が、何故か、当選する。

「ぱしふぃっくびいなすで行く秋の日本一周・笑豊来福」

世界一周クルーズは夢のまた夢だが、日本一周なら何とかなりそうだ。

と言う訳で、初めてのクルーズの旅。。。

 

旅程(予定)

9/20 12:00 横浜港出港

9/21 10:00 宮古港入港

   17:00 宮古港出港

9/22 08:00 奥尻島青苗港投錨入港

   17:00 奥尻島青苗港抜錨出港

9/23 07:30 佐渡島両津港投錨入港

   17:00 佐渡島両津港抜錨出港

9/24 08:00 宮津港投錨入港

   18:00 宮津港抜錨出港

9/25 08:00 浜田港入港

   09:00 浜田港出港

   16:00 下関港入港

   17:00 下関出港

9/26 08:00 高松港入港

   17:00 高松港出港

9/27 17:30 横浜港入港

 

出港当日。11:00から乗船手続きだが、もちろん、早く行く。

桜木町駅から横浜市営バスで、大桟橋停留所で降りる。

当り前だが、停留所から停泊中のぱしふぃっくびいなすが見える。

f:id:macchiato:20170929085258j:plain

さて、ここからが、遠~い。

トランクは往復宅急便で送付済みだが、やはりキャリーバックにあれこれ詰めたものを持参している。

f:id:macchiato:20171001110358j:plain

大桟橋に辿り着き、最後の坂を登る。

ターミナルの中に、受付口が設置されている。

f:id:macchiato:20171001111246j:plain

まだ早いが、ちらほらと待っている人がいる。

鯨の背骨に登って戻って来ると、音楽が演奏されていた。

f:id:macchiato:20171001111233j:plain

 

11時少し前に乗船手続きが始まる。

10階デッキのお客様から、つまりスィーツルームのお客様から。

5階デッキなので、最後に呼ばれる。

乗船券を提示すると、びいなすカードと引き換えてくれる。

船内はこのカードだけで、キャッシュレスで買い物ができる。クレジットカードを登録すると、支払もそのまま、下船日に請求書が届くだけで済む。

ギャングウェイ?を通り、乗船口で、カードを提示する。

小型の地図を貰って、部屋に向かう。

 

部屋は左舷側で、そのステートの一番末尾。

f:id:macchiato:20170929085259j:plain

丸窓である。

f:id:macchiato:20170929093325j:plain

。。。まあ、見えなくもない。

本州を反時計回りに一周するのだから、左舷側に景色が見える筈である。

ポートサイドは運がいいと考えるべきか??

 

室内設備を確認する。

クローゼットは三つあり、今回は(今回も)、一人旅なので、十二分である。

洗面所、トイレ(ウォシュレット)、シャワー、と確認し、肝心のコンセント!

f:id:macchiato:20170929085248j:plain

タオルドールの隣に、二つある。(洗面所にも一つ)

クローゼットのほかに、抽斗三段、衣装ケース二つもあり、一人分には十分すぎる。

とりあえず、荷解きを始める。

が、すぐに船内放送で、避難訓練開始のアナウンスがある。

ライフジャケットを着用しなければならない。

ライフジャケットはクローゼットの下段に格納されている。

f:id:macchiato:20170929093404j:plain

着方は船内TVで繰り返し、放映されている。

少々慌てているので、うまく着れない。

なんとか着用して、エレベータで8階デッキへ。

 

11:30~11:45 避難訓練(8階ボートデッキ)

f:id:macchiato:20170929093351j:plain

 指定の救命ボートの下に辿り着くと。

特に点呼を取る訳でもなく、ライフジャケットの着方をチェックする訳でもなく、適宜解散。

去年のエーゲ海クルーズ(カジュアル船)の避難訓練の方が真剣だった。

。。。危険度の違いだろうか???

 

部屋に戻り、ライフジャケットを脱ぎ、クローゼットに格納する。

間もなく、セイルアウェイセレモニーが始まる。

再び8階デッキへ。

 。。。忙しい。

 

11:50~12:10 セイルアウェイ横浜(8階ボートデッキ)

飲物を貰って、紙テープを受け取る。

f:id:macchiato:20171001130937j:plain

 当然ながら初めてなので、要領がよく判らない。

見よう見まねでテープを投げてみるが、届かない。

 

 12時、汽笛が鳴り、思ったよりも静かに、桟橋から離れて行く。

ついでなので、8階デッキを一周してみる。

すぐに、ベイブリッジが近付いて来る。

f:id:macchiato:20170929093343j:plain

12:15 ベイブリッジ通過。

f:id:macchiato:20170929093334j:plain

 

 

昼食の案内(12:00~13:15)があり、7階デッキのメインダイニングへ。

今日の昼食は、海鮮丼。

(オクラの金山寺味噌和え、海鮮丼、茶碗蒸しの鼈甲餡かけ、蒸し鶏の和風サラダ、赤だし、抹茶わらび餅)

 

部屋に戻り、船内新聞(サテライト)をじっくり見る。

いろいろイベントがあり、あれこれ行ってみたいが、時間に限りがある。

とりあえず、船内ツアーに参加することにして、荷物を片付け始める。

 

13:15~14:00 オリエンテーション

船内TVでも放映するので、荷解きをしながら、眺めることにする。

が。

。。。つまりは何も見ていなかった。。。

 

14:15~ 船内ツアー

残念ながら、ブリッジと機関室以外、である。

参加者3名、11階までエレベータで昇り、施設を見ながら、降りて来る。

 

15:00~15:30 ミニコンサート(エントランスホール)

開始時刻から少々過ぎていたが、テイクファイブが聞えて来たので、行ってみる。

 

終了後、ジャグジへ行くことにする。

残念ながら、プールはオープンしない。

部屋で水着に着替え、エレベータで11階デッキへ。

誰もいない。

ゆったりと浸る、と言いたいが、生憎、曇天である。

日の入は17:42頃となっていたが、見えそうもない。

展望風呂に行く。

大浴場、という程には広々とはしていないが、十分に広いし、眺望は思ったよりも、素晴らしい。

とても満足して、7階デッキのオープンバーに行く。

16:00~18:30まで、オープンバーは、サンドイッチバーになっている。

本日のサンドイッチはツナサンド。

 

17:43(日没頃)の部屋の丸窓からの眺め。

f:id:macchiato:20171001135455j:plain

結構、波がある。

航海中、一番揺れたのが、初日だったと思う。

後は晴天、穏やかな海が続いていた。

 

18:00~18:30 びいなすアフタヌーンライブ(エントランスホール)

夕食前のひととき、ライブ演奏を楽しむ。

 

18:30~20:00 夕食(メインダイニングルーム)

本日は洋食、ドレスコードはカジュアル。

(蟹肉のフリットとプティレギューム チーズスクランブルと共に、炙ったカンパチのカルパッチョ フルーツトマトのマリネ 岩塩と黒胡椒の香り・紅芋のポタージュ、国産牛リブロースのロースト赤ワインソース 温野菜を添えて、パン、ミルフィーユ・フロマージュ二種の赤いソース、珈琲)

f:id:macchiato:20171001135445j:plain

洋食なので、まずは白ワイン、その後、赤ワインを注文する。

後日判明したのだが、船長お勧めのワインや日本酒を頼むには、配膳をするギャルソン?にではなく、お勧めの酒のメニューを持って歩いているおねーさんに頼まないといけないらしい。

 

20:15~21:00 亜羅仁 エキサイティングマジックショー(7階メインラウンジ)

f:id:macchiato:20171001135435j:plain

人体切断のようなマジックショーは苦手なのだが。。。

今回は、「笑豊来福」がコンセプトなので、お笑いテイストになっている。

ので、安心して楽しめた。

 

21:15~21:45 落語(6階コンファレンスルーム)

毎夜、ミニ落語が開催される。

楽しみにしていたのだが、、、

既に眠い。。。

少々揺れているので、酔い止めを飲んだせいかも知れないが、眠い。

夜食やら、ダンスタイムやら(行かないが)、映画やらと、いろいろあるのだが、部屋に戻って、寝ることにする。

 

すぐに寝ついたのだが、揺れたので、目を覚ます。

ぎーぎ―と音がする。

クローゼットの戸を閉め直したりしたが、船底に近い所為か、プロペラやフィンスタビライザーの音がするらしい。

慣れないと気になるが、気になったのは初日だけで、あとは熟睡していた。