読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟~秋田

大人の休日倶楽部パスの2016年二回目の期間が迫って来た。

が、どこに行くのか決めかねていた。

へぎそばが食べたい。と、ふと思った。

ついでに、日本海を見るのもいいなと、と思う。

とはいえ、新潟で泊まるか、秋田で泊まるか、その先はどうするのか。

とりあえず、11/24からのパスを購入し、いなほの指定を取った。

ドーミーイン秋田の宿泊予約を取った。

それでも、迷っているうちに、福島沖で地震が起き、津波が発生した。

不要不急の者がうろうろしていていいだろうか、と迷う。

その上、天気予報が、寒波襲来で、雪が降ると言い始めた。

日本海側は、曇りのち晴のはずなのだが。。。

と、決心が着かぬ間に、前日になったので、一応の旅支度をする。

 

11/24 朝五時に起きて、外を見るが、雨が降っているだけ。

確かに寒い。これから雪になると言う。

9:12東京発のときに乗るつもりだったが、予定を早めることにする。

 

東京駅に8時15分前に着き、8:24東京発新潟行きのMaxときの指定を取る。

駅弁屋祭で、弁当とビールを購入する。

 

Maxとき307

f:id:macchiato:20161125203921j:plain

 

九州新幹線さくら弁当(¥1230) コシヒカリエール(¥400)

f:id:macchiato:20161125203901j:plain

f:id:macchiato:20161125203902j:plain

子ども用の弁当のようだが、鶏飯・海老フライ・ハンバーグと、結構ボリュームがある。 

 

Maxときは、定刻から少々遅れて、東京駅を発車。

大宮を越えると、一面の雪景色となった。

国境越えのトンネルで眠ってしまったが、燕三条あたりで目覚めたら、晴れていた。

雪などない。

 

長岡の辺り 雲は多いが、晴れ。

f:id:macchiato:20161125214640j:plain

 

特に遅れもなく、10:31新潟駅着。

やはり雲は多いが、晴れ。雪はない。

早く着いたので、多少余裕がある。

とりあえず、駅前のドトールでコーヒーを飲み、行き先を考える。

バスの案内所で訊くと、間もなく、11:20発の循環観光バスが出るところ。

朱鷺メッセに行くことにする。

 

新潟市内循環観光バス(一回¥210 一日券¥500)

 f:id:macchiato:20161125203903j:plain

 

11時半過ぎ、朱鷺メッセに到着。

31階の朱鷺メッセ展望室(Befcoばかうけ展望室)に登ってみる。

無料で、360度の眺望を楽しめる。

佐渡汽船のターミナルや、信濃川が見える。

 

朱鷺メッセ 展望室からの眺望

f:id:macchiato:20161125203905j:plain

f:id:macchiato:20161125203906j:plain

 

折角なので、信濃川ウォーターシャトルに乗ることにする。

ちょうど12時発のシャトルがあるので、下に降りる。

コンベンションセンターの裏口から信濃川の川岸に出る。

チケットは船内で購入するとの案内はあるが、発着所がよく分らない。

乗り場らしき階段はあるが、鎖で囲ってある。

周りをうろうろしているうちに、シャトルが来たので、声を掛けてみる。

着岸すると、乗り場の鎖をはずして、乗船させるようになっていた。

 

信濃川ウォーターシャトル アナスタシア号

f:id:macchiato:20161125203907j:plain

f:id:macchiato:20161125203908j:plain

 

新潟駅に行くには、二つ先の万代シティからが近い。

けれども、乗船時間10分程度ではつまらない。

終点のふるさと村まで行って、折り返すことにする。

片道一時間、折り返して万代橋で降りには、一時間四十分位かかるらしい。

「お時間大丈夫ですか」と心配してくれたが、まだ時間はある。

一日乗船券で¥1800。

船内で飲物も頼める。ハイボール¥500。

 

出港すると、かもめ?が周りを飛び交った。

f:id:macchiato:20161125203909j:plain

 

万代橋。船内から、ガラス越しなので、写りがよくない。

f:id:macchiato:20161125203910j:plain

 

橋や水門を越えて、13:00少し前に、ふるさと村に到着。

そのまま、13:00に出航、折り返し、港ピアに向かう。

 

13:35頃、万代シティに到着。

下船し、徒歩で新潟駅へ。

まずは、へぎそばを喰わねば。

駅近くの須坂屋そばに入り、へぎそば(手振り蕎麦)1.5人前と、吉乃川ひやおろしを注文。

余裕があるつもりでいたが、食べ終わったら、既に2時半。

駅の途中のセブンイレブンでコーヒーと煙草を購入。

駅前の喫煙ボックスで一服し、駅へ。

 

既にいなほが入線していたので、急いで乗り込む。

15:01新潟駅発 18:41秋田駅着 特急いなほ7号。

 

車内販売で、村上茶やお酒を買おうと思ったが、いなほ7号では販売していないものが多く、結局、林檎アイスクリームだけにする。

車窓から日本海を眺める。

天気の影響か、緑色の不機嫌そうな海だ。

f:id:macchiato:20161125203911j:plain

夕景が見られるのを期待していたが、生憎、雲が多い。

不覚にも、日没前に眠ってしまい、起きたら、真暗になっていた。

暗くても海は見えると思っていたが、車内が明るい所為か、判別がつかない。

 

秋田駅に着いたら、雪が降っていた。

まっすぐ宿に向かう。

チェックインしてから、夕食に出ようと思っていたのだが、まだ、腹は減っていない。

とりあえず、最上階の大浴場に行く。

柚子湯と露天風呂があり、HPには加水・加温していると注意書きがあったが、広くて気持ちがいい。

温泉目当なのか、思ったより、中高年の女性客が多い。

 

風呂に入ったら、小腹が空いてきた。

ホテルには、よなきそばサービスというのがあるのだが、九時半から。

まだ八時半なので、待てない。

ホテル内をうろうろし、自販機で、冷凍焼きそばと小岩井ヨーグルト、牛乳、ブラックニッカクリアハイボールを購入する。

 

翌朝7時に起きる。部屋からは何も見えなかったが、廊下の窓から雪が降っているのが見える。

部屋に戻り、長靴に履き替える。

秋田市民市場で朝食を食べるつもりでいたので、雪の中を出掛ける。

道すがら、女子高生とすれ違うが、この程度の雪はどうっていうこともないらしく、傘は刺さず、マフラーや帽子のままで歩いている。

でも、足元を見ると、やはり頑丈そうな雪靴を履いている。

 

十分程で、市民市場に辿り着くが、生憎、回転ずしは11時から。

中をぐるっと回ってみるが、飲食店はない。

定食屋が一軒開いているのだが、朝から定食というのも、気が進まない。

仕方がないので、秋田駅に行き、珈琲館駅舎で、モーニングセットを食べる。

ホテルに戻り、露天風呂に入る。

景色がいいとは言えないが、雪の降る中で、露天風呂につかるのは気分がいい。

十時少し前にチェックアウトして、外に出ると、雪が積もり始めていた。

f:id:macchiato:20161125203913j:plain 千秋公園の堀

 

秋田駅で、昼過ぎのこまちの指定席を取り、トピコへ。

土産物を少々物色し、上階の秋田比内地鶏やへ。

きりたんぽ鍋・高清水小徳利・ハイボールを注文する。

f:id:macchiato:20161125203914j:plainきりたんぽ鍋

f:id:macchiato:20161125203915j:plain一煮立ちしたら、せりを投入。

 きりたんぽが多いような気がしたが、旨いので、ぺろりと平らげてしまう。

乗車時間が迫って来たので、秋田駅に移動する。

ニューデイズで、駅弁(鶏わっぱ)を購入する。大人の休日倶楽部パスを見せると、10%引きになる。結構、嬉しい。

 

12:13 秋田発 こまち20号

東京までの指定が取れなかったので、仙台でやまびこに乗り継ぐ。

こまちの車内で、こまち弁当を買おうとしたが、売っていなかった。

残念だが、腹は減っていないので、カップのお茶と林檎アイスクリムを購入する。

 

秋田駅を出て、暫くは雪景色だったが、岩手県に入ると、雪もなくなった。

f:id:macchiato:20161125203916j:plain

f:id:macchiato:20161125203917j:plain

f:id:macchiato:20161125203919j:plain

 盛岡駅は晴れていた。

 

14:29 仙台駅着

待ち時間が十五分あるが、一服してぼうっとしていたら、ホームのかなり前方に、やまびこが既に停車していた。

14:44 仙台駅発 やまびこ144号

16:48 東京駅着

f:id:macchiato:20161125203920j:plain